今週の名言・一言・つぶやき
「打てない時期にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっと怖くなるときがあります。そういう時期にどうやって気分転換をするかは、すごく大事なことです。(イチロー:元プロ野球選手)」

【離れる勇気】最近児童が仲良く楽しそうに登下校する姿を見かける。外出自粛も解除され、以前の日常生活が見られるようになった。ところで、愛知県豊田市の小学校では、晴れていても傘を差して登下校しているという。日傘はソーシャル‐ディスタンシング(密を避け距離を保つ)と同時に熱中症対策にもなるということらしい。厚労省も熱中症予防対策として「屋外で人と十分な距離が確保できる場合には、マスクを外して」と呼びかけている。

今週の名言・一言・つぶやき
「スピードより方向が大切だ。(リチャード・L・エヴァンス 国際ロータリー会長-1971年没)」

【コロナ】岐阜県はコロナ特定警戒都道府県だから、アベノマスクは早く配布されるだろうと思っていたが、届いたのは5月30日だった。政府が言う、スピード感をもっての対応とはこんな程度だった。ただ、新型コロナ緊急事態宣言の解除後に届いたのだから、間に合ったというべきだろうか。しかし、布マスクは眼鏡使用者から言わせると、眼鏡が曇り使いにくいので、私は使わないだろう。御免なさい

今週の名言・一言・つぶやき
「プロとは、難しい局面に立ったときに、額に縦じわを寄せることなく平然と決断し、実行できる人のことだ。(飯田亮:セコム創業者)」

【コロナ】新型コロナ緊急事態宣言の5月末までの延長を、昨日安倍首相は発表した。一方、コロナ対応の速さで、台湾政府は世界的に評価を高めている。その理由に台湾の政府系シンクタンクで長年顧問を勤めていた藤重太氏は、「日本は論功行賞などで素人でも大臣になってしまうが、台湾はその分野のプロでなければ大臣にはならない。この政治システムが最大の理由だ」と指摘する。

今週の名言・一言・つぶやき
「非常識なことをするためには、 まず常識を知らなきゃいけないんだよ。(志村けん:コメディアン)」

【合掌】志村けんさんが新型コロナで死去の報。彼のギャグは、一部のPTAから批判もあったが、言葉が解らない聴覚障害者や外国人には好評だった。「テレビに字幕がない時代、”8時だよ全員集合!”だけは、聞こえない私でも見て分かり家族と一緒に楽しめる番組だった」「聞こえなくても楽しめた、笑いを通して音の無い世界と、音のある世界の架け橋を作ってくれたんだと思う」と。今度DVDを借りてきて無音状態で彼を偲んで見たいと思う。

今週の名言・一言・つぶやき
「人は強さもやさしさも持っています。互いに頼り合ったり、助け合ったりしながら生きていく。いつも強い人間なんていない。ずっと弱い人間なんていない。自分が強いときには弱い人を助けてあげることです。(宮城まり子:歌手・女優・福祉事業家)」

【合掌】「障害者達は最初に障害という大きな虐め見遭っている」と「ねむの木学園」を設立、障害児教育に生涯を捧げた人だった。「話すことのできない子にとって絵は手紙なんです」「やさしくね、やさしくね、やさしいことは強いのよ」と。ネムノキは荒れた土地に他の木に先駆けて生えるという。障害者支援の道を切り開いてきた人生と重なる。3月1逝去、享年93歳。

今週の名言・一言・つぶやき
「甲子園の五万人のため息を聞いたら、簡単には凡退できない。 (金本知憲:元プロ野球選手-愛称は「アニキ」「鉄人」)」

新型コロナウィルスの影響で、春の甲子園選抜大会が中止された。プロ野球オープン戦や相撲春場所は無観客で開催され、甲子園も無観客で検討されていたのに。同じ野球でもプロとアマの対応に違いが。一方で甲子園大会の中止をやむを得ないという人でも、オリンピックは絶対中止すべきでないという(オリンピックも無観客で開催せよとは言わずに)。甲子園を目指した球児や関係者はどう思うのだろうか。金本アニキはどう思う?

今週の名言・一言・つぶやき
「イライラがつのったら、部屋に閉じこもってばかりいないで、心身がいやされる場所を開拓しなさい。そうすれば、ことのほか気分も爽快になります。 (ジョセフ・マーフィー:米国の牧師、1981年逝去)」

今年は閏年で例年より一日得をした気分だ。閏は「門+王」で、昔中国で王が門内に閉じこもり政務をとらず静養するの意味だとか。しかし、「新型コロナウイルス」の影響で3月の研修会の中止連絡が3件あった。政府は国民にも(「王」となって?)、外出を控えるよう呼びかけている。だが、学校休校は子供の健康と命を守るためだと政府は言いながら、幼稚園や保育園は例外だとか。園児の命は誰に守れというのだろうか。

今週の名言・一言・つぶやき
「正しく恐れる。(寺田寅彦:物理学者、随筆家)」

「物事を怖がらなさ過ぎたり、怖がり過ぎたりするのは易しいが、正当に怖がることはなかなか難しい」という意味で最近使われている。中国で発生した「新型のコロナウイルス」が、日本でも拡大しておりウイルス感染予防対策方法などのニュースが連日賑わしている。今回は飛沫感染するので鍋を直接つついても直箸では感染はしないらしい。ところで、ウイルスといえば、怖い、危険だと思っていたが、実は意外な面もあるようだ。「ヒトがいまあるのはウイルスのおかげ!:武村政春著」によれば、時には命に関わる病を起こすが、殆どの種は人に悪さをせず、自力では増殖出来ず細胞に感染し増えるのだという。人に役立つ場合も有り、弱毒化してワクチンにしたり、食品添加物や加熱せず殺菌出来る等の役立っているという。一方、米国でインフルエンザが猛威を振るい、死亡者が1万人を超えたとのニュースもある。こちらも注意が必要だ。

今週の名言・一言・つぶやき
「言い訳は、嘘をつくより悪質で恐ろしい。なぜなら、言い訳は嘘を守ってしまうからだ。(アレキサンダー・ポープ:英国の詩人、1744年5月没)」

言い訳をする人の心理は、①「自分が一番悪いわけではない」と伝えたい。②人に嫌われたくない・失望されたくない。③早く渦中の人でなくなりたい。④怒られるのが怖い。⑤自分の評価に傷がつくのが怖い。⑥ 人間関係を悪化させるのが怖い等々。言い訳は、信頼関係にマイナスの効果を与えることが分かっているのに、一度も言い訳をした人はいないだろう。ところで、秋から冬になったのに桜の話題が絶えない。 安倍総理の「桜を見る会」の運営を巡る批判に対する回答を「言い訳」と考えればなるほどと思えなくもない?

今週の名言・一言・つぶやき
「あなたたちは子供を愛していると言いながら子供達の未来を奪っている(グレタ・エルンマン・トゥーンベリ:環境活動家)」

16歳の彼女は、地球温暖化と気候変動の阻止を求めるスウェーデン人。気候変動に対する政府の無策に抗議するために始めた授業ボイコット学校ストライキ。「未来のための世界気候ストライキ」に125カ国で100万人以上の若者たちが参加したという。一方で、小泉進次郎環境大臣が、国連総会の「気候行動サミット」に今週参加され「気候変動問題をセクシーに取り組む」との発言が話題となっている。