今週の名言・一言・つぶやき
「人生は、玄(くろ)い冬にはじまり、青い春と朱(あか)い夏を経て、白い秋に至る。暗い冬で終わるのではない(堺屋太一:小説家・評論家、元経済企画庁長官」

亡き妻が好きだった紅葉狩りの時期だ。中国では古来、人の人生を四季に例えて、青春、朱夏、白秋、玄冬という。人生のある時期をそれぞれ、季節で言い表したものだ。作家の堺屋太一さんによれば、東洋思想で「玄冬」は幼少期を指す。玄(くろ)い冬とは種子が大地に埋もれている時期だ。そして人生は青春期の「青春」、子供を育む季節が「朱夏」期、高齢期の「白秋」と続く。高齢期は冬ではなく、実りの秋なのだと。妻は、実りの秋を全うせず58歳で6年前に逝った。今月は妻の七回忌だった。

今週の名言・一言・つぶやき
「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような、素晴らしい秋日和でございます。(北出清五郎:NHKアナウンサー 昭和39年東京五輪開会式で」

【秋空】快晴の日が続いている。天高く馬肥ゆる秋というが、秋空は夏空より高く見える。高気圧は、夏は南太平洋から、秋は大陸からやってくるため、大陸育ちの高気圧は、海で育った高気圧に比べて乾燥している。このため、水蒸気の量が少なく、晴れたとき空気が澄んで空が高く見えるという。その秋晴れで忘れられない実況がある。昭和39年10月10日の東京五輪開会式前日は、台風の接近により雨が降ったが、当日は抜けるような青空だった。それを北出アナウンサーは冒頭のように実況した。彼は、大相撲を中心に数多くのスポーツ中継を担当し1972年の札幌オリンピックの「さあ笠谷、金メダルへのジャンプ-飛んだ!決まった!」などの名実況も残した。

今週の名言・一言・つぶやき
「暑くなければ夏じゃない。熱くなければ人生じゃない!(松岡修造:元プロテニス選手、スポーツキャスター)」

暑中お見舞い申し上げます。一年で最も暑いとされる「大暑」にあたる23日に、全国観測史上最高41.1℃を埼玉県で観測したとのこと。25℃を超えた日を夏日、30℃を超えた日を真夏日、35℃を超えた日を猛暑日というが、40℃を超えた日について気象庁はまだ命名をしていない。あえて言うなら炎暑日とか溶暑日とでも命名されるのかと思っていたら、「命に危険を及ぼすレベルで、災害と認識している」と気象庁。暫く炎暑災害警報(?)が続きそうだ。炎暑酷暑のみぎり、皆様と松岡さんのご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。

今週の名言・一言・つぶやき
「天に向かって、ブツブツ言うな。雨の日には雨の日の生き方がある。(東井義雄:教育者、浄土真宗僧侶)」

7月7日は七夕だ。ひこ星と織姫が別れを惜しんで流す涙を「洒涙雨(さいるいう)」と言うらしい。1980年から20年間の7月7日の晴天率は、東京で25%、大阪で20%だとか。今年の二人の涙は特別多く、日本列島に記録的大雨が続いた。わが住まいする高山市では、数十年に1度といわれる大雨特別警報による避難指示があり。ご心配の電話やメールなどいただいたが、我が家を含め町内での被害はなかったことをご報告させていただきます。日本には、春・夏・秋・冬の四季があり、日本人の自慢でもある。しかし、近年は四季に梅雨ではなく雨期が加わったのではと思われるような集中豪雨が頻発しているようだ。

今週の名言・一言・つぶやき「全てを失った日本が得たものは、希望だ。大地震と津波は、私たちの仲間と資源を根こそぎ奪っていった。だが、富に心を奪われていた我々のなかに希望の種を植え付けた。だから私は信じていく。(村上龍:小説家)」

東日本大震災から6年経ちましたが、マグニチュード9の東日本大震災は、地球の自転速度を加速させ、地球の自転速度の1日の長さが100万分の1.8秒短くなったそうです。事実なら、1522年後にマイナス1秒のうるう秒を設ける必要があるんだそうです。なお、地球の自転速度約は1700㎞で自転しており私達は新幹線の5倍以上の高速で回っているんだとか。

今週の名言・一言・つぶやき「一面に覆われた雪は白髪とおんなじ、やがて野原が覗けば太陽とともに輝く (江頭2:50 〈えがしら にじごじゅっぷん:薄毛芸人、お笑いタレント〉)」

日本では春夏秋冬の四季だけなく、「24の季という季節、72もの候」という季節がある。立春の24季節の次は雨水の季節である。今年は「2月18日が、雨水 初侯 土脈潤い起こる」である。雨水とは降る雪が雨へと変わり深く積もった雪も融け始める時期。春一番が吹き、九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始めるという。飛騨地方でもここ数日間雨が続いているが、春はまだまだ遠い。

ところである教師が「雪がとけたら何になる」と質問。「春になる」と答えた生徒は間違いにしたそうです。この話を聞いた幼稚園の先生が、園児たちに同じ質問をしたそうです。すると、「春になる」と答えた子供は、何人もいただけでなく「雪がとけたら、ぬかるみになる」「雪がとけたら、さびしくなる」「雪がとけたら、お父さんの仕事が忙しくなる」「雪がとけたら、雪合戦ができなくなる」との答えもあったそうです。さらにこの話をきいた中学校の教師が、生徒に同じ質問をしました。「雪がとけたら何になる?」その結果は、全員が「水になる」と答えたそうです。あなたならなんと答えますか。

今週の名言・一言・つぶやき「もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きられない。 ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、そして植物がいなくなり、 そして人間がいなくなる (アインシュタイン:理論物理学者)」

関西大学名誉教授の宮本勝浩氏試算によると人気者グループスマップ解散による経済損失額は「636億円」だそうだ。一方、働き者の蜂の経済価値は66兆円。花粉を運び農作物作りに貢献する蜂などの生物がもたらす経済的利益は世界全体で最大年5770億ドル(約66兆円)に上ると指摘した報告書を、国連設置の科学者組織「IPBES」が発表した。近年、蜂の減少が欧米などで顕在化し、ハチが自然界で担っている受粉活動に支障が出ており、報告書は「このままでは将来の食料供給が脅かされる」として各国に保全策の強化を訴える。

今週の名言・一言・つぶやき「晴れた日は晴れを愛し、 雨の日は雨を愛す。楽しみあるところに楽しみ、 楽しみなきところに楽しむ。(吉川英治 作家)」

今日は、文化の日であるが「晴れの特異日」でもあるそうだ。そして我が町も今朝は晴れている。特異日とは、その前後の日と比べて偶然とは思われない程の高い確率で、特定の気象状態(天気、気温、日照時間など)が現れる日。他に晴れの特異日は、1/16、3/14、6/1。ちなみに「10月10日が東京の晴れの特異日であったことから、1964年の東京オリンピックの開会式の日に選ばれた」と言われているが、10月10日は統計的に晴れが多い日とは言えないようだ。また、台風襲来の特異日は9/17、9/26だそうだ。

今週の名言・一言・つぶやき「秋になると、果物はなにもかも忘れてしまって、うっとりと実のってゆくらしい 八木重吉(詩人)」

秋は稔りと収穫のとき。そんなふうに自然と秋を迎えられる時代はよかった。秋は黄昏時というよりは、成熟のときだった。人のみならず自然にもどこか品位があった。今は、人生の秋を前にしてひとはつい悪あがきをするし、天候も異常続きで過去の経験が生きない。なんとも貧相な、このところの秋である。詩「果物」の全文。(鷲田清一) 朝日新聞「折々の言葉 9/16から」

 

今週の名言「明日ありと思う心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは (親鸞聖人)」

あだ桜とは、あてにならない桜の意味。夜中に嵐が吹いて散ってしまうかもしれないから、花見は今日のうちにしておけよという、楽しい花見の心得を詠ったものだが、実は親鸞が子どもの頃、先生である高僧をつかまえて「明日には死んでしまうかもしれない命なのだから、今日のうちに出家させてくれ」という心境で詠んだ歌として知られている。子どものくせに「明日にでも死んでしまうかもしれない」とは、なんというかわいげのなさかと驚かされるが、子供の親鸞が「明日にでも死んでしまうかもしれない」と考えていたのは、自分ではなく、教えを請う相手の高僧の意味だという。

150505荘川桜1 荘川桜

荘川桜(高山市荘川町 2015.5.1撮影-五分咲き)
御母衣ダム建設によってダム湖底に沈む運命にあった桜を、 ダムを建設した電源開発㈱の初代総裁高碕達之助の発案で、 移植された推定樹齢450年の荘川桜は、本州で一番遅く咲くともいわれている。「進歩の名のもとに、古き姿は次第に失われていく。だが、人の力で救えるものは、なんとかして残してゆきたい。古きものは古きがゆえに尊いものである」と高橋は語った。そして高碕が、裸になった桜を見上げながら、詠んだ。「ふるさとは 湖底(みなそこ)となりつ 移し来し この老桜 咲けとこしへに」