今週の名言・一言・つぶやき
「神が手を差し伸べたくなるぐらいにまでがんばれ。(稲盛和夫:京セラ創業者)」

【合掌】独自の経営哲学を掲げ京セラとKDDIの創業者、78歳で経営破綻した日本航空(JAL)の再建にも尽力した稲森氏が死去(8/24:90歳)。稲盛氏は、「人間として何が正しいか」を基軸とした「京セラフィロソフィー」と呼ばれる独自の経営哲学を持ち、会社経営の目的は「全従業員の物心両面の幸福を追求」と定め「株主より従業員が一番」と断言していた。会社の組織を「アメーバ」と呼ぶ数人ずつの集団に分け、それぞれが事業の計画や目標を立てることで部門ごとの採算を高めたり、社員のやる気を引き出したりする「アメーバ経営」という手法を生み出す。私財を投じて稲盛財団を設立、数多くのノーベル賞受賞者を輩出する京都賞を創設。晩年は、日本の企業の相次ぐ不祥事に「企業人の前に人間として何が正しい行為なのかを根本から考え直すべきだ」と心を痛めていたという。

今週の名言・一言・つぶやき
「去年のように今年があり、今年のように来年がある。これを農業では「安定」というが、経済社会では「停滞」という。原理原則が根源的に異なるのである。違う原理に振り回され、翻弄されて、その餌食とされてはならない。(山下惣一(農民作家)7/10逝去)」

土に根ざした地べたからの目線で現代社会に警鐘を鳴らす小説や評論活動を続けた農民&作家だった。佐賀県で「生涯一百姓」を貫き、情と理の人。文章に土の匂いがした。生来のあまのじゃく、偽善を容赦なく切った。残した言葉に「成長よりも安定、拡大よりも持続、現在よりも未来を大切に」「農業の農は楽しいが、業はつらいのは世界共通」「百姓は永遠に不滅」「老農は死なず消えていくのみ」【合掌】

今週の名言・一言・つぶやき
「 “よく生きる”ためには、”よく働くこと”がもっとも大切なことです。それは、心を高め、人格を磨いてくれ”修行”であると言っても過言ではありません。(稲盛和夫:実業家)」

【修業と修行】4月には多くの新社会人が誕生する。彼等は学業を修業し卒業したが、これからは修行が待っている。曹洞宗の青山俊薫尼僧は言う「修業と修行は違う。修業は行の習得で有り生活の死を稼ぐ職業でもあり、これには上達もあれば卒業もある。修業は生き方で有り卒行はない。むしろ深まるほどに足りない自分に気づくというのが修行である」と。二宮尊徳(江戸時代後期の経世家)は「正しい道というものは、必ずこの世の人々に利益をもたらすものである。学問をする時も、修行をする時も、このことが実現できなければ、人の世には何の利益ももたらさない無用のものとなる」と。新社会人の皆さんおめでとう、これからも修行をお忘れなく。

今週の名言・一言・つぶやき
「『今はできない』を、『絶対できない』と間違えないように。斎藤茂太:精神科医、随筆家。2006年11月没)」

ロシアの60以上の都市で反戦デモが行われ、4000人超が警察に拘束されたという。一国も早く停戦になることを強く願いま。ところで、故斎藤茂太家では「デモでなく”でも禁止」だったという。”でも”は、「早く資料をまとめてくれ」「でも今別件に取りかかってて」「これ体にいいよ」「でもなんとなく嫌いで」などと気が進まない言い訳に使われがちで、自分をかばう作用がある言葉。だから”でも”禁止をすると、自分が前向きになり、頼まれごとが有ったときの返事が「やります、喜んでやります」と前向きの生き方が出来ると。

今週の名言・一言・つぶやき
「お子さんに「何のために生きるの?」と聞かれたら、「誰かを幸せにするために生きるのよ」と答えてあげてください。(瀬戸内寂聴:小説家、尼僧-2021.11月没)」

「人間はなんのために生きるのか」に対して、フーテンの寅は(男はつらいよ-寅次郎物語-39作)次のように語る。満男「人間は何のために生きてんのかな」寅「難しいこと聞くな、お前は…何と言うかな、あぁ生まれてきてよかった。そう思うことが何べんかあるだろう。そのために生きてんじゃねえか」と。

今週の名言・一言・つぶやき
「お皿の上に乗っかっている物を可哀想がっても仕方ない。おいしく頂く事が供養だ。(宇津井健:俳優、2014年3月没)」

俳優の中でも、屈指の馬術の達人の一人だった宇津井健だが馬肉も好んで食した。上記のコメントは馬肉を食する時の言葉。ところで今日は針供養の日。99歳で大往生した我が母は、家の内外問わず和服姿で、母の洋服姿を見たことがなかった。働き者の母は和裁で家計を助け、死ぬまで針を離さなかった母。しかし針供養日はのんびりしていたことを想い出す。

今週の名言・一言・つぶやき
「難が無ければ無難な人生、難が有れば苦難の人生、難有ればこそ有り難し。(お寺の掲示板:九應寺:大阪)」

南天は、「難を転ずる」の語呂から縁起のいいものとされ、お正月飾りとしても見る季節だ。多くの人は「難」を避けて「無難」な人生を良しとする気持ちがあるが、「難」を乗り越えていくことにも、人生の喜びが潜んでいると、九應寺の住職は言う。また、お笑いタレントのゴルゴ松本氏は「人生には辛いことも苦しいこともある。これを難という。困難、苦難、災難。できればこの難はない方がいい。しかし難が有ることを有難い」と命の授業で教える。

今週の名言・一言・つぶやき
「新しい年です。不幸な出来事は過ぎ去り、素晴らしい出来事だけが増えますように。(エメリヤーエンコ・ヒョードル:ロシアの総合格闘家」

【寅】謹んで新春のお慶びを申し上げます。本年も相変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。今年の支は壬寅年ですが、壬寅は「陽気を孕み、春の胎動を助く(冬が厳しいほど春の芽吹きは生命力に溢れ、華々しく生まれる年になる)」とか。

トラにちなんで…。

ト 徳は事業の基なり(菜根譚:中国古典の一つ)
ラ らしく……というのはいい言葉だよ。誰でもその人らしく振る舞えばいいのさ(中山晋平:作曲家)

今週の名言・一言・つぶやき
「一日に一回は鏡を見る方がいいです。できればにっこりと笑ってみてください。心にわだかまりがない時は、表情がいきいきしているはずですよ(瀬戸内寂聴:小説家、尼僧11/19逝去)」

【合掌】今年最後のつぶやきは、本年逝去された方々の言葉を集めました。☆政治家のウソを見逃すなかれ(半藤一利:1/12逝去)。☆人間には、40歳になって見えること、60歳でわかること、そして80歳でようやく悟ることがあります(橋田壽賀子:4/4逝去)。☆頭がいい人と悪い人がいても、チンパンジーと人間ほどの差はないわけで。誰かにできることは自分にもできると思って間違いないです(立花隆:4/30逝去)。☆カミさんより早く死にたい。カミさんのほうが先に逝かれては弱っちゃうからね。男の人は大体そうです(小林亜星:5/30逝去)。☆仕事に慣れてはいけない。初めて話すと思え(柳家小三治:10/7逝去)

今週の名言・一言・つぶやき
「集中力っていうのは、天才のものじゃないんだ。訓練だ。(小澤征爾:指揮者)」

シンガーソングライター、作詞・作曲・女優等で活躍する加藤登紀子さんは「リラックスしていないと、集中力が働かない。不必要な緊張感が思考力を低下させている。この国の大きな欠陥。過剰な監視や自粛をやめて、大きな深呼吸を!」と。