今週の名言「未知の世界に自ら飛び込んで、やったことのないことをやることによって、 使ったことのない脳が働き出す 日野原重明」(104歳現役医師)」

目標は110歳まで現役の医師を続けることだ。日野原重明さんが10月4日で104歳になられ、句集『10月4日 104歳に104句』(ブックマン社)が出版されました。「私は98歳で俳句を創めました」もう歳だから新しいことにチャレンジできないと思ったらそこで人は老いるのです。若い頃のようにはいかず、身体が不自由になっても「創める」ことさえ忘れなければ心は自由でいられます。自分の気持ちを自由に俳句にすると心が軽くなります。これからも、「創めることを忘れなければいつまでも若くある」というマルティン・ブーバーの教えを実行するのみです、と語る。

今週の名言「想像力は知識よりも重要である。(アインシュタイン 物理学者) 」

ビジョンを持つことの大切さはよく指摘されるところであるが、ビジョンを持とうとすれば、ビジョンを描くことができなければならない。ビジョンを描くためには想像力が不可欠である。想像力は創造力に通ずる。アインシュタインは、数多くの業績のほか、世界中に広くその存在が認知されており、しばしば天才の代名詞としても引き合いに出される。大の親日家で特に気に入ったものは、「新橋橋善」の天ぷら弁当、そこに添えられていた「新橋玉木屋」の昆布の佃煮だったという。

今週の名言「どんな酒かて寝かせれば、ええ味に変わるかもわからん 鳥井信治郎 サントリー創業者」

サントリーが初めてつくったウィスキーは失敗作だった。誰もが貯蔵中の酒は廃棄すべきもの考えたが、鳥井は捨てるのはいつでも出来ると12年寝かせた。その原酒が「角瓶ウイスキー」のヒット作となった。この時期、全国で多くの新社会人が誕生するが、最近は育成よりスカウトで即戦力を求める傾向が強い。しかし「すぐに役立つ人間はすぐに役立たなくなる」と藤原銀次郎(王子製紙初代社長を務め製紙王といわれた)は述べている。時間とともに深みを増し育つのは酒だけではない、育てるには時間も必要だ。

今週の名言「1人の子ども、1人の教師、1本のペン、そして1冊の本、それが世界を変えられます…ん」

1人の子ども、1人の教師、1本のペン、そして1冊の本、それが世界を変えられます。教育こそがただひとつの解決策なのです。 (マララ・ユスフザイ 人権運動家)

「罪のない子供達が戦争で命を失うのはもう終わりにしましょう。学校に行けない子供達を見るのはもう終わりにしましょう。こうしたことは、もう私たちで最後にしましょう。この「終わり」を始めましょう。そして今すぐにここから、ともに「終わり」を始めましょう」と。16歳でノーベル平和賞受賞した彼女は訴える。

今週の名言「学のある馬鹿は、無学の馬鹿よりお馬鹿さんですよ」

学のある馬鹿は、無学の馬鹿よりお馬鹿さんですよ (モリエール 劇作家)

競走馬のフェノーメノが天皇賞・春を連覇した。競馬評論家の井崎修五郎氏は、「競走馬はあんまり頭が良すぎるとダメだ。少し良いくらいがいい。頭の良い馬は戦況を自分で判断しレースを途中で投げてしまうから」と。子供の日に、勉強ばかりし過ぎる子供は注意を!

今週の名言「学歴は問わないが学問は尊重する」

学歴は問わないが学問は尊重する (嶋田卓彌 実業家)

蛇の目ミシン工業の社長であった彼は、小学6年の時父を無くし大阪船場の呉服問屋に丁稚奉公した。「学とは学(マネ)ぶ、学(マナ)ぶことであり、問は(知らざるを問いて正す)(教えを乞うこと)だと思う、これは一生続けても十分とは言えない。学歴のないことを恥じる必要はないし、就職してこれで一安心ではない」と。

今週の名言「 釣れない釣り人は哲学者。釣れた釣り人はただのお調子者」

 釣れない釣り人は哲学者。釣れた釣り人はただのお調子者 (夢枕獏/作家)

仲間6人と富山へ泊りがけで船釣りに行ってきた。あいにくの時化で、酔い止め薬の効果が無かったものの、真鯛、フクラギ(地域によりハマチ、ワラサ)を20匹釣ることが出来、魚の型もよく尺上連発の釣りを満喫出来ました。ところで東日本大震災で操業休止を恨む、いわき市の漁師白土雅之さんは「水の色や天候を読んで魚を探す。若いもんは海に出ないと勉強にならない」と。漁に出れる日は何時なのだろうか。

今週の名言「10年とか20年とか30年とか、同じ姿勢で同じ情熱を傾け続けられることが才能なんだと思っています」

私は以前、才能は一瞬のきらめきだと思っていました。けれど今は、10年とか20年とか30年とか、同じ姿勢で同じ情熱を傾け続けられることが才能なんだと思っています。 (羽生善治 棋士)

知 才能 先週22日将棋の名人戦で羽生名人に森内九段が挑戦し森内九段が名人位に返り咲いた。羽生前名人は名人戦史上初となる3連敗後の3連勝、大逆転での4連覇を逃し、王座・棋聖の2冠に後退した。羽生氏が将棋史上初の将棋七冠王を達成したのは26歳のとき。その彼が「記憶力のピークは20歳の頃だった」と。将棋は記憶力ではないのだ。ファンは貴方がこれからも同じ情熱を傾け続けるものと信じてる

今週の名言「メモこそ命の恩人だ (エジソン 発明王)」

メモこそ命の恩人だ (エジソン 発明王)

最近物忘れが進んでいる気がします。私は「老化による物忘れと認知症による物忘れの違いチェックリスト」ではOKでしたが、「微少脳梗塞チェックリスト」によると「つぎ足起立」が出来ません。来週MRI検査を受ける予定です。
誰でも恩師や恩人はいると思いますが、私の命の恩人は、日赤病院の竹中勝信医師です。救急車で運ばれ、4年前に脳梗塞で入院しました。右半身不随状態でしたが、休日にもかかわらず3時間以内に有効とされる「t-PA」薬と竹中医師等の緊急治療のおかげで無事退院出来ました。ありがとうございました、おかげさまで元気です。

今週の名言「才能はだれにでもあるわけではないけれど、時間は平等に皆に与えられている」

才能はだれにでもあるわけではないけれど、時間は平等に皆に与えられている (小宮山悟 スポーツ)

イチローが「最も打ち崩したい頭脳派投手」と高く評価した小宮山悟。投げる精密機械とも呼ばれ多様な球種と140㎞台に満たないストレートを駆使し打者を手玉に取った。セーブ最年長記録保持者(44才)。球が速ければ打者を抑えられるほど野球は単純でないと。彼は、他のプロ投手より才能が少ないと思った分、24時間野球に注ぎ込んだ努力の人。あなたは、大型連休の時間をどう過ごしていますか。